アラスカの三人の男性がスナギンチャクで中毒に!猛毒パリトキシンの恐怖

2014年、米国アラスカ州アンカレッジで
同居する男性3人が同時に頭痛や咳、発熱
といった症状に襲われて病院を
受診しました。

神経系、呼吸器系さらに筋骨格にまで
異常をきたしていた三人。

じつは観賞用に水槽で飼育しようとした
ある生物から発せられた猛毒が
原因でした。




スポンサードリンク

スナギンチャクの猛毒

その生物とはスナギンチャク
というサンゴの仲間でした。

名前はイソギンチャクと似ていますが、
生物学上は違うグループとなる
そうです。

見た目はイソギンチャクやサンゴと
変わらないスナギンチャクですが、
その一部には猛毒パリトキシンを
含むものがいます。

このパリトキシン、フグ毒としても
有名なテトロドトキシンよりも
さらに強力な猛毒です。

その威力は致死量で換算して
テトロドトキシンの50倍以上。

もうどう見てもヤバい毒ですね。

かつてハワイの先住民たちは矢に塗る
毒として用いていたのだそうです。

この毒にやられると筋肉痛や痙攣、
麻痺などに襲われ、さらに重症化すると
呼吸困難や不整脈、腎障害まで
引き起こします。

もう一刻も早く病院で治療を受ける
以外に対処法はないですね。

事件の経緯

今回の事件では、同居する男性の一人が
スナギンチャクを購入し、自宅の水槽に
移すタイミングで発生していました。

移している最中に水槽の外に
スナギンチャクの破片が落下。

床に落ちた破片が破れてパリトキシン
が漏れ出しました。

翌朝、同居する三人は
体の不調を覚えます。

そのうち二人は夜になる頃には
症状が回復したそうですが、
スナギンチャクを購入した男性は
やはり一番症状が重く、二日間の
入院となりました。

さらには彼の飼っていた犬と猫も
この毒に冒されて嘔吐し、昏睡状態に
なってしまったのだそうです。

ペットも災難でしたね。

じつはこのスナギンチャクを購入するに
あたって、アクアリウム店の店長から
猛毒があると注意を受けていました。

この注意を男性が十分に守れなかった
結果ともいえますね。

実際にこの店長自身もパリトキシン中毒
を経験していたためその恐ろしさは
身を持って知っていたとのこと。

まさに経験者が語るというやつですね。

この男性たちも誰も命を落とさなかった
ことが不幸中の幸いだったかも
しれませんね。

スナギンチャク以外にも

じつはスナギンチャクを食料とする
アオブダイにもその毒が蓄積されており
中毒に陥る恐れがあるのだそうです。

日本でもこのアオブダイを食べた
ことで食中毒を起こしたケースが
散見されます。

一番最近では2015年に宮崎県で70代の
女性がこのアオブダイを煮付けにして
食べたところ食中毒となり、
残念ながら命を落としました。

このパリトキシンという毒は熱では
分解されないそうで、加熱調理しても
毒性はそのままです。

毒はアオブダイの内臓に蓄積されている
ため、内臓は絶対に食べないように
注意が必要です。

これは素人が料理するには
危険な魚と言えますね。

スナギンチャクにご注意

スナギンチャクは飼いやすさも
あってか、観賞用として人気が
あるのだそうです。

しかし、猛毒を持つという生態を
知らずに販売・購入する人もいる
ということで注意が喚起されて
います。

パリトキシンの人一人に対する致死量は
わずか米粒の10分の1ほどの量だと
されています。

凝縮されたものがふとしたことで
体内に侵入することがあれば、
まず助からないでしょうね。

こういった海産動物の飼育にご興味の
ある方はぜひスナギンチャクには
ご注意ください。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です