早川殿とはどんな人物?墓所は?今川氏真との関係ついて

戦国大名・今川氏真の正室として
駿河国へ嫁いだ早川殿。

相模国の北条氏康の長女として生まれ
同盟のための政略結婚として今川家に
輿入れしました。

まぁ戦国時代にはよくある話ですね。

はたしてその生涯はどのような
ものだったのでしょうか。




スポンサードリンク

明確な史料が少ない

早川殿についてはっきりと記した
史料は少なく、その出生年や
実名すらも分かっていません。

「早川殿」というのも一時住んでいた
小田原市の早川という地名からきている
といわれています。

また、兄弟である北条氏政も兄なのか
弟になるのか諸説あります。

一大名の姫君でも案外記録が
残っていないものなのですね。

夫婦仲はよかった?

夫の今川氏真の父はあの織田信長に
桶狭間で討たれた義元。

氏真は父の死後、武田信玄に
領地を奪われ、妻・早川殿の実家である
北条氏を頼ったあと、最後は徳川家康の
元に身を寄せています。

まぁとにかく氏真は暗愚な人物だった
として伝わっており、信長にも
「役立たず」呼ばわりされています。

しかし、戦国の世をしぶとく生き延びて
大名家としては存続できなかったものの
江戸時代以降は平穏な人生を送って
います。

なまじ半端な野心を持たずに和歌や連歌
蹴鞠に興じていたことが周りに敵を
作らず、江戸時代まで長生きできた
理由かもしれませんね。

いわゆる世渡り上手だったのでしょう。

早川殿もそんな氏真と連れ添いながら
浜松や京都、江戸などで生活していた
ようです。

氏真との間には4男1女の
5人の子供をもうけました。

昔は多産だったとはいえ、大名家の
正室としても子沢山なほうでしょう。

子供数を見ても夫婦仲はよかったと
みていいのではないでしょうか。

また、氏真を残して先立っていますが、
別れることなく最期まで添い遂げて
います。

じつは二人が政略結婚した際に
甲相駿三国同盟が結ばれ、ほかにも
同時に二組が政略結婚していましたが、
いずれも別れてしまったのだそうです。

早川殿と氏真はよほど相性が
よかったのかもしれませんね。

その墓所は?

1613年にこの世を去った早川殿。

出生年が分からないため、享年いくつ
だったか正確には分かりませんが、
氏真が1538年生まれなので同じだと
すると75歳ということになります。

兄弟の北条氏政が氏真と同じ1538年
生まれだそうですので、同年は
ありえないでしょうが、その前後と
考えてもそこそこ長生きしたと言って
いいでしょう。

その死後は東京の市谷にあった萬昌院
に埋葬されますが、のちに杉並区にある
観泉寺に移され、墓所が現存して
います。

観泉寺は以降、今川家の菩提寺となり、
同寺の周辺が知行であったこともあって
今でも「今川」が周辺の地名として
残っています。

ブラタモリのようにぶらぶら歩いて
探してみても面白いかもしれませんね。

ちなみに氏真は早川殿が亡くなった
2年後に亡くなっており、同寺に
早川殿と一緒に眠っています。

子孫について

氏真と早川殿が亡くなったのちも
長男・範以が家督を継ぎ今川家は存続。

その次の代で儀式や典礼を司る
「高家」という役職を受け継ぐ
旗本となりました。

以降、今川氏は「高家今川氏」
と呼ばれるようになります。

もともと今川氏は足利家の流れを汲む
名家でしたが、一時は大名としての
家名を落としたものの、ここでまた
再興したといえるかもしれませんね。

また、次男の高久は徳川秀忠より
品川の姓を賜り、やはり高家の
旗本として存続していきました。

以降、明治時代に断絶するまで
直系の今川家は存続しています。

それこそ今川義元が討たれ、
領地を失いつつも氏真が見事な処世術で
乗り切ったからこそここまで家が続いた
と言えるでしょうね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です